○甲賀市適応指導教室設置要綱

平成26年7月30日

告示第49号

(設置)

第1条 小中学校の児童生徒で、学校不適応となっている者に対して、学校とは異なる環境のもとで、一人ひとりの活力を高める適応指導及び教育相談事業を実施するため、甲賀市適応指導教室(以下「適応指導教室」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 適応指導教室の名称及び位置は、次に掲げるとおりとする。

(1) 甲賀市適応指導教室水口教室 甲賀市水口町貴生川558番地

(2) 甲賀市適応指導教室信楽教室 甲賀市信楽町長野1251番地

(3) 甲賀市適応指導教室甲賀教室 甲賀市甲賀町大久保507番地2

(対象児童生徒)

第3条 適応指導及び相談事業を実施する対象は、甲賀市内に在住又は通学する児童生徒(小中学校に通学する者に限る。以下「在籍児童生徒」という。)で、不登校傾向にあり適応指導教室への通級が可能な者又は保護者による送迎ができる者とする。

(事業内容)

第4条 適応指導教室は、次に掲げる事業を行う。

(1) 不登校傾向にある児童生徒の学校適応の指導

(2) 前号の児童生徒を持つ保護者、教員等に対する専門的な立場からの指導

(3) 在籍児童生徒の関係する諸機関との連絡調整

(指導期間)

第5条 適応指導の期間は、指導を開始後、当該年度末で終了するものとする。ただし、継続して指導の必要があると市長が認めたときには、その期間を延長することができる。

(指導員)

第6条 適応指導教室に指導員を置き、指導員は、専門的指導技術又は教員免許状を持つ者のうちから市長が任命する。

2 指導員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(入退級手続)

第7条 適応指導教室の入退級については、次の手続による。

(1) 入級を希望する保護者は、適応指導教室入級申込書(様式第1号)を在籍校の校長に提出する。

(2) 校長は、適応指導教室入級申請書(様式第2号)を作成し、適応指導教室入級申込書(様式第1号)とともに市長に提出する。

(3) 市長は、入級を適当と認めた場合は、校長及び保護者に適応指導教室入級許可書(様式第3号)により入級を許可する。

(4) 市長は、適応指導を終了したと認められるとき、又は停止し、若しくは中止したときは、校長及び保護者に適応指導教室終了(停止・中止)通知書(様式第4号)により通知する。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この告示は、告示の日から施行し、平成26年4月1日から適用する。

付 則(平成27年告示第14号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

付 則(令和元年告示第15号)

この告示は、令和元年9月30日から施行する。

付 則(令和3年告示第54号)

この告示は、令和3年4月1日から施行する。

付 則(令和3年告示第90号)

この告示は、告示の日から施行する。

画像画像

画像画像

画像

画像

甲賀市適応指導教室設置要綱

平成26年7月30日 告示第49号

(令和3年10月1日施行)

体系情報
第12編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成26年7月30日 告示第49号
平成27年3月20日 告示第14号
令和元年9月30日 告示第15号
令和3年4月1日 告示第54号
令和3年10月1日 告示第90号